富士市の薪ストーブ専門店。静岡県で薪ストーブの設置、メンテナンスのことならランドマークストーブへ ランドマーク ニュース
landmark stove

暮らしの中心に、炎を。ランドマークストーブ

ストーブの設置・メンテナンスに関するお問い合わせ・ご相談
0545-73-1125
  • 受付時間: 10:00~18:00
  • 定休日: 水曜日

メールでのお問い合わせはこちら

  • 0545-73-11250545-73-1125
  • mail

薪ストーブについて

暖房器具としてはもちろん、調理器具として、そして団らんの演出にも活躍してくれる薪ストーブ。
はじめは面倒に思えたメンテナンスすら、きっと楽しめてしまうはず。
その不思議な魅力をご紹介します。

薪ストーブのある暮らし

年々注目度が増している薪ストーブですが、スイッチひとつで暖まるような手軽さはなく、
薪作りや煙突掃除など手間がかかることもたくさんあります。
でも、その苦労を吹き飛ばすほどの暖かさ、 そこから得られる満足感や幸福感、 そして効率だけでは計れない楽しさがあります。
心地よい幸せなひとときを、薪ストーブとともにぜひお過ごしください

薪ストーブの写真 薪ストーブの写真

薪ストーブの基礎知識

薪ストーブの魅力

  • ・とにかく暖かい(他の暖房器具とは比べ物にならない暖かさ)
  • ・火を見る楽しさがある
  • ・家族・友人・いぬやねこまでみんなが集まる
  • ・お料理も楽しめる
  • ・電気や化石燃料を使用しない

単なる暖房器具としてだけではない深い魅力が満載です。

薪ストーブの写真

楽しい薪ストーブライフを送るためには

長く楽しく安全に薪ストーブのある生活を送るためには、

  • ・生活スタイルや好みに合った薪ストーブを選ぶこと
  • ・信頼できる薪ストーブ業者に設置を依頼すること
  • ・メンテナンスを怠らないこと

上記の 3 点がとても重要なポイントです。
詳しくはブログ記事「楽しい薪ストーブライフを送るためには」をご覧ください。

薪ストーブの写真

薪ストーブの種類(特徴とメリット)

[ デザイン ]

伝統的なデザインのものからシャープなモダンタイプまで、豊富なデザインから選ぶことができます

クラッシック⇔モダン 薪ストーブのデザイン
[ 燃焼方式 ]

薪が燃えることを一次燃焼、そこで発生した煙を燃やすことを二次燃焼と呼びます。
二次燃焼を起こす仕組みには大きく分けて2種類があります。

クリーンバーン燃焼

燃焼室上部に新鮮な空気を放出して、燃焼ガス(煙)にぶつけて二時燃焼を行い、完全燃焼(クリーンバーニング)を促します。

メリット
・めらめらと迫力のある炎を楽しめる ・構造がシンプルなので操作が簡単でメンテナンスも比較的容易
デメリット
・空気をたくさん取り込みながら燃やすストーブなので、燃費が悪く、薪の消費が多い
キャタリティック燃焼

触媒を使用して二次燃焼を行います。煙が触媒を通過する際に触媒に塗布されたレアメタルが化学反応を起こして一気に煙を高温化させます。煙の排出が少なく熱効率も高まります。
ストーブの温度が下がってきても、触媒の温度が260℃を下回らない限り二次燃焼が続くので、クリーンバーンに比べ長時間二次燃焼状態が維持されます。

メリット
・触媒で煙の中の不純物を燃やし尽くすので廃棄がとてもクリーン
デメリット
・触媒は定期的に交換が必要(¥20,000〜¥26,000) ・パーツが細かいのでメンテナンスの手間が多い

薪ストーブの選び方

薪ストーブはメーカーの個性や特徴の違いから、たくさんの種類に分けられます。
お客様が重視するポイントによって、それを絞り込むことができます。

  • ・燃費
  • ・デザイン
  • ・操作・メンテナンスのしやすさ
  • ・炎の見え方
  • ・主暖房として使うかどうか
  • ・どれくらいの面積を暖めたいか etc...

さまざまな機種からお客様のご要望や好みに合う最適の1台をご紹介します。
お気軽にご相談ください。

薪ストーブの写真

薪ストーブのメンテナンス

薪ストーブの写真

薪ストーブを長く、楽しく安全に使用していくためには、
年に 1 度の煙突のお掃除と本体の点検がとても重要です。

そうしたメンテナンスは決して専門的な知識が必要なわけではありません。
コツさえ覚えていただければ、お客様がご自身で行うことも充分可能です。

詳しくは、ブログ記事「メンテナンスについて」をご覧ください。

とはいえ、普段ご自分でメンテナンスをされている方も、3〜5年に一度は 点検も兼ねて薪ストーブ設置業者にメンテナンスをご依頼されることをお勧めします。
ご自身でのメンテナンスがご不安な方は、ランドマークストーブにお気軽にお申し付けください。

ランドマークストーブ
メンテナンス価格表
① 基本メニュー
基本メンテナンス ¥32,400
煙突の清掃(室内~屋外、トップ部まで)
ストーブ本体の清掃・点検・各種調整(火室やガラス・ドア・ダンパーなど)
② 追加メニュー ※ご使用中のストーブの状態によって追加される作業です
メニュー項目 一般価格
ガスケット交換 ¥2,700
各ドア部・煙突部・触媒部など1か所あたり(部材費および施工費一式)
消耗・劣化・破損した部品の交換 部品価格
+作業費
触媒や耐火セラミック、ドアガラス交換など(部材費および施工費一式)
タールの固着などによる煙突内部の詰まりの除去 都度見積
通常の清掃作業では詰まりが取れない場合に、特殊器具を使用、又は一時預かりして詰まりを除去
防鳥アミの取り付け 部品価格
+作業費
鳥の侵入対策用の部品を煙突トップへ設置
※煙突への鳥の侵入にお悩みの方はご相談ください。
上記以外のメンテナンス・補修等は別途ご相談ください。
価格は変更することがあります。またご利用の環境や作業状況に応じて追加のご負担をお願いすることがあります。
③ 出張費
富士・富士宮 ¥3,240
片道 50km ¥5,400
片道 50km以上 ¥10Kmごと+¥1,080
県外 応相談

メンテナンスご請求額 = ①+②、または①+②+③の合計金額

例 1) ①基本メンテナンス(27,000)+ ③出張費(5,400)= 32,400円

例 2) ①基本メンテナンス(27,000)+ ②ガスケット交換3か所(6,480)+ ③出張費(7,560)= 41,040円

④ セルフメンテナンス応援メニュー ※ご自身でメンテナンスをしている方・しようとしている方をサポートいたします
メニュー項目 一般価格
ストーブ点検 ¥5,400
ストーブ本体各部の劣化・破損の有無を確認
使用状況のヒアリング
メンテナンス講習 ¥5,400
メンテナンス作業中に手順や方法の詳細をご案内
※次回以降ご自身でのメンテナンスを希望する方が対象です。

会員向けの特別価格の設定もございます。
会員向け制度についての詳細はランドマークストーブについてをご参照ください。

薪について

薪ストーブの写真
「含水率 15%以下まで乾燥したもの」が絶対条件です。

ストーブで薪を燃やすうえで、最も大切なのは薪の乾燥度です。
切り出したばかりの生木には水分がたくさん含まれているため、そのまま燃やしても暖かさを生み出してはくれません。それどころか、ニオイの強い煙を発生させて近隣に迷惑をかけてしまったり、発生したタールやススで煙突を詰まらせたりと、むしろでデメリットばかりです。ストーブで燃やすまでに、含水率が15%以下に落ちていることをあらかじめ確認しておきましょう。

では、乾燥した薪はどうやって準備したらいいでしょうか?
薪ストーブ導入を検討されるにあたり、多くのお客様が心配するのがこの「薪の準備」です。
原木を切出して割り、燃やすのに適した状態にまで乾燥させるには長い時間が必要ですから、次の冬にむけて前の冬から準備を始めることをお勧めします。

原木の入手方法や、一冬で必要な量、木の種類、保管方法など、詳しくは以下のブログ記事をご覧ください。

薪について① ー種類と特徴ー
薪について② -薪の入手方法ー
薪について③ -薪の作り方-

薪ストーブの設置、メンテナンスのご相談はお気軽にどうぞ

受付時間: 10:00~18:00 / 定休日: 水曜日
メールでのお問い合わせはこちら